ジェネリック医薬品のメリットとデメリットを検証

コラム

先発医薬品からジェネリック医薬品へ切り替えると、薬代が安くなる以外にも、様々な利点があります。その一方で、この薬には医療の発展に向けて、改善したほうが良い側面も見られます。そこで、ジェネリック製の薬のメリットとデメリットについて検証し、解説します。

ジェネリック医薬品のメリット

まず、ジェネリック製品とは、先発医薬品を開発する際に、安全性であることが科学的に立証された成分を用いた薬です。つまり、ジェネリック医薬品は開発費用がかかっていないため、既存の薬に比べると、患者側の医療代を削減できます。効果についても、先発薬とほぼ成分が類似しているため、同等の改善効果を望めることも魅力です。長期的に服薬が必要である、慢性疾患の患者にとっては、従来の半分程度の価格で常備薬を購入できる良さもあります。

また、これまで苦味が強かったり、形状が大きすぎた薬が、服薬しやすいように改善されていることもポイントです。これにより、薬を飲む苦痛から解放されます。さらに、ジェネリック医薬品の普及が進んだ結果、国が薬の開発に欠けるコストを削減することに成功し、医療費の大々的な削減に繋がっています。

ジェネリック医薬品のデメリット

ジェネリック医薬品と先発医薬品の成分は、100%同じではありません。薬の中に配合されている成分が微妙に違うことも多く、これまでの治療薬ほどの効果を期待できない場合もあります。また、予想していなかった、副作用を発症するケースもあるため、医師としっかり話し合ったうえで、ジェネリック医薬品へ切り替えるかを検討すべきです。ただし、医師でさえも推測できなかった副作用が現れる場合があり、厄介な部分と言えます。

そもそも、後進薬を製造する医薬品メーカー側さえも、副作用のデータを持ち合わせていないケースも多く、なぜ薬によって、薬疹などの中毒症状が起きてしまったのか、はっきりとした解答を得にくい現状です。その背景には、後進薬の開発製造については、先進医薬品のような安全性を立証する義務が医薬品メーカーに課せられていないことが挙げられます。それにより、ジェネリック製の薬を巡るトラブルが相次いで発祥し、必要な治療薬が医療現場に届かないという騒動が勃発しました。また、既存の薬の形状などを変更した結果、一部の患者のなかには、以前よりも服薬するのがつらくなったという声も挙がっています。

ジェネリック医薬品への切り替えは慎重に検討しよう

後進薬は先発薬にない良さがあるものの、今後医薬品メーカーが改善しなければいけないデメリットな側面も持ち合わせています。そのため、薬価代の安さに惹かれて安易に、薬を切り替えると、安定していた病状が急変する可能性も否定できません。また、昨今の製薬メーカーの不祥事問題から、後進薬の供給が不安定な状況です。常用薬が入手できなくなる可能性もあります。これらのデメリットな側面を考慮したうえで、先発医薬品からジェネリック製の薬に切り替えるかを検討してください。”