ツムラってどんな薬品メーカー?漢方薬の代表的企業!

企業

漢方薬は草や木、鉱物など自然由来の原料からできる生薬を組み合わせて薬としての効果を得られるようにしたものです。元々は中国から伝わったものですが、独自の発展を遂げた結果、乙字湯や七物降下湯のように日本で生まれたものも存在します。そんな漢方薬のトップともいえる薬品メーカー、ツムラについてご紹介します。

トップメーカーともいえる存在

漢方を扱う薬品メーカーはいくつかありますが、ツムラは市場の8割以上を占めており、いわばトップメーカーともいえる存在です。その歴史は1893年から始まっており、その中で生薬を生産するための基準を明文化するなど、安全な製品をつくりあげる環境も整えられてきました。また、ツムラ中国協力会を設立することで、高い加工技術や安全な栽培方法で生産された生薬を輸入できるようにもしています。製品への品質を追求することで信頼できる企業としての実績を積み上げているのです。

また、ツムラは研究成果の発表など製品について医療現場や国民に伝えることも大切にしています。漢方薬には安全性や有用性など知られていない部分も多く、西洋薬と違って副作用が一切ないと勘違いされるなど、長い歴史の中ではトラブルが発生したケースもありました。現在では使い分けの方法や副作用についてなど、あらゆる情報を提供することにより、特性を理解しつつ現場で活用してもらえる工夫がされているのです。製品について細やかに案内することで信頼できる薬品メーカーとしての地位を確立しています。

医療現場以外でも注目を集める

薬品メーカーとしてのノウハウを活かして、医薬部外品や第2類医薬品など、家庭で使用できる製品を多数販売しているのも特徴です。例えば、医薬部外品で代表的なのはくすり湯であるバスハーブです。有効成分として浜防風や当帰など6種類の生薬エキスが配合されており、温浴効果で冷え性や疲労を緩和できる製品になっています。有効成分や効能が分かりやすい製品が提供できるのは、薬品メーカーのノウハウがあるからこそです。効果が信頼できる製品を選びたいなら最適な存在といえます。

また、第2類医薬品としては10種の生薬で肉体の疲労や冷え性の改善が期待できる薬養酒や、女性特有の心身のトラブルを改善できる婦人薬など、幅広くあります。有効成分として生薬が配合されているため、きちんとした効果が期待できる製品ばかりです。数々の高品質な製品を作り上げることで、日々の不満を解消するために漢方を取り入れたい方から注目されているメーカーといえます。

上手く取り入れて快適な生活を実現する

第2類医薬品や医薬部外品など医師の診断なく利用できるものであっても、薬である以上は安全性を考慮して取り入れることが大切です。そして得られる効果だけでなく、有効成分や安全性について明記されていると安心して生活に取り入れられます。

ツムラの製品の場合、情報提供が行われているほか、評価を元に製品の改善にも努められているため、安心感があります。上手く生活に取り入れて、快適な生活を実現してはいかがでしょうか。